インフルエンサーとファンを繋げるメディアサイト

インターメディアラボ

インターメディアラボについて

自分を大切にする暮らし 社会人学生Vlogger「HINATABOKKOひなたぼっこ」

-ライフスタイル -

デンマーク語で“温かく居心地のいい暮らし”を意味する「ヒュッゲ」な映像を届けてくれるVloggerの「HINATABOKKOひなたぼっこ」さん。

北海道在住の社会人で、チャンネル登録者数は8万人を超えています。

おしゃれな暮らしぶりや、やりたいことに向かって頑張る姿は同年代の女性を中心に大人気。

自分の心や体と対話し、労わるにはどうすればいいのでしょうか。

おすすめ動画を見ながら、そのエッセンスを学んでみましょう。

 



社会人学生Vlogger「HINATABOKKOひなたぼっこ」ってどんな人?プロフィール紹介

  • 名前:ひなたぼっこ
  • 誕生日:1996年12月生まれ
  • 年齢:23歳
  • 趣味:映画、読書、音楽
  • 職業:カフェアルバイト、企画・動画制作、学生(デザイン通信学校)

トレンドや可愛い物に敏感なのは普通の女子と変わりませんが、とても落ち着いていて大人な考え方の持ち主。

年齢を知らずにVlogを見ると、そのしっかりした考えに驚く人もいそうです。

動画内で素顔を見ることはできませんが、たまに目から下のお顔がちらっと見えることも。

こちらの記事でも少し写真が載っていますが、色白で日本人らしい美人さんという印象です。

HINATABOKKOという名前は、「ひなたぼっこをした時の、心が温まるようなVlogを作りたい」という思いから。

もともと映画や映像を見るのが好きで、イギリス留学中に見た韓国人のVlogに憧れ、自身も投稿を始めたそう。

 

社会人だけど学生?現在は何をしている人?

大学時代は大分で過ごし、マーケティングの勉強をしていました。

現在はカフェを経営している会社でウェイトレスのアルバイトと企画、動画制作の仕事をしています。

さらに「デザインで食べていく」という夢を叶えるため、援助を受けてデザインの学べる通信制の学校にも通っているそう。

三足の草鞋を履き、映像やデザインの知識を吸収している所です。

趣味は映画や読書、音楽を聴くこと。中でも音楽はレコード集めをするほどで、邦楽、洋楽、K-POPなど関係なくなんでも聴くそう。

お気に入りのアーティストはスピッツや椎名林檎、チャーリー・プース、BTS、IZ*ONEなど。

VlogのおしゃれなBGMは、Soundcloudで聴いて気に入ったDJやブランドが公開しているプレイリストからBGMを探したり、Apple Musicで他の人のプレイリストを見たりして決めているそうです。

「HINATABOKKOひなたぼっこ」さんのプレイリストはインスタのストーリーで公開されていますので、誰でも見ることができますよ。

 

癒される「HINATABOKKOひなたぼっこ」のオススメ動画

「HINATABOKKOひなたぼっこ」さんが大事にしているのは、視聴者に癒しを届けること。

同時に焦らず、自分のペースで生きていいんだよ、というメッセ―ジも込めているそうです。

そのためにまず、自分を癒してくれる可愛いキャンドルや上品な食器、ヘルシーな食事がたびたび登場。

それらを選ぶ彼女のセンスや、自分の心や体が喜ぶもので生活したい、という姿勢には無理がなく、Vlogにはいつも穏やかな時間が流れています。

ここからはぜひ、リラックスしてコーヒーでも片手に、HINATABOKKOさんのVlogをお楽しみください。

 

自分をご機嫌にするご飯や部屋作り

栄養たっぷりなお弁当と朝ご飯で一日のスタート。

メイクとアウトフィット紹介のコーナーでは、持ち物やポーチの中身も紹介されています。

普段のお洋服はユニクロやGUで、頑張った日のご褒美にKastaneやmysticで買うこともあるそう。

部屋の模様替えのため額縁に入ったポスターを移動させ、小物類を飾った棚もレイアウトを変えます。

冷凍いちごに炭酸水を注ぐだけドリンクも、ロマンティックだけどシンプルなグラスで飲むと特別感が味わえます。

 

「頑張りすぎない」がモットーのモーニングルーティーン

朝起きて洗面台の掃除、洗顔、スキンケア。リビングでは洗濯や食器の片付け、アイロンがけまで済ませて、週末の負担を軽くしておきます。

朝早く起きて家事をこなすと、ぼーっとしている頭も冴えてきますね。

筋トレを終えると、明太子を焼いたりぬか漬けを作ったりと朝食作り。栄養バランスを考えた野菜メインのおかずも、丁寧に一品ずつ詰めていきます。

何事も、継続するには「できる時にやればいい」という考え方が大事ですね。

 

自分へのご褒美と素朴で幸せなクリスマス

野菜たっぷりのラタトゥイユとチャイでクリスマスのはじまり。

韓国で購入したステッカーやメモ、奈良で買ったグラスの紹介。

どれも使うのがもったいないくらい可愛くて、毎日を彩ってくれそう。

ロマンティックな雰囲気のクリスマス市から帰ってくると、お友達とクリスマスパーティーの準備。

大きなクリスマスツリーやキャンドルの側で、和やかなディナーの時間。

聖夜に友達と映画を見ながらデザートを食べる幸せは、一年の疲れを癒してくれそうです。

 

上品な感性はどこから?Q&Aと自己紹介

キャンドルを焚きながら、インスタで集まった質問に丁寧に答える「HINATABOKKOひなたぼっこ」さん。

好きな作家や学生時代の思い出などから、暮らしや食生活に対する意識を生んだ原点にも答えています。

瞑想の先生から教わったという、素敵な物事や感情の捉え方も。

穏やかな暮らしを大切にする彼女のセンスの源が垣間見れる動画となっています。

 

心安らぐ ひなたぼっこさんの動画が待ち遠しい♡

「ロウソクを灯している間は自分のことを大切にできる時間」と語る「HINATABOKKOひなたぼっこ」さん。

音楽やレコード、お皿が好きなのも、それらが好きなのはもちろん、聴くだけ、眺めているだけで心が癒されるからなのだと思うのです。

仕事や夢にひたむきに努力できるのは、そんなヒュッゲな時間があるから。

頑張りすぎず、自分を大切にする暮らしのお供にぜひ。

 

オススメ記事


丁寧な暮らしを大切に、心豊かに過ごす 大人気Vlogger10選

一度は憧れる「丁寧な暮らし」。 憧れはあっても実際は学業や仕事、家事育児に追われ、忙しく余裕のない毎日を送っている方も多いと思います。 でもそんな忙しい毎日だからこそ、ひと呼吸おいて少し気持ちを変えて ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
directionernhllz

directionernhllz

彼氏と同棲中のフリーライター。趣味・好きなものは映画鑑賞、読書、韓国アイドル。お料理も勉強中。Youtubeでよくおしゃれな暮らしのVlogを見ています。インスタでコスメや話題のカフェ、スイーツを発見するのも好きです。

-ライフスタイル
-

© 2020 インターメディアラボ Powered by AFFINGER5