インフルエンサーとファンを繋げるメディアサイト

インターメディアラボ

インターメディアラボについて

水溜りボンドまとめ!毎日投稿終了を機にチャンネルの歴史を振り返ってみよう♡

-エンタメ -,

2021年1月4日

2020年12月31日に丸6年間の毎日投稿を終了した、水溜りボンド(カンタ・トミー)。チャンネル登録者数は400万人越えのトップYouTuberです。

今回は水溜りボンドの毎日投稿終了を機に「水溜りボンドの歴史」について振り返り。最近ハマりだした人も、すでにファンの人もぜひ最後までご覧ください♡

 


チャンネル登録者数400万人越え!水溜りボンドとは?

  • (左)カンタ
  • 本名:佐藤 マイケル 寛太(さとう まいける かんた)
  • 誕生日:1994年4月4日
  • 年齢:26歳
  • 出身大学:青山学院大学総合政策学部総合政策学科
  • (右)トミー
  • 本名:富永 知義(とみなが ともよし)
  • 誕生日:1993年7月26日
  • 年齢:27歳
  • 出身大学:青山学院大学経済学部経済学科

 

メインチャンネル「水溜りボンド」

2015年1月1日から動画投稿を開始。チャンネル登録者数400万人越えです!

水溜りボンドはカンタとトミーのコンビYouTuber!最初の頃は大学生で大学に通いながら動画投稿をしていました。

家族や小さい子どもも安心して見れるクリーンな動画を意識しており、YouTube界のNHKと呼ばれるほど!

投稿している動画の内容は、実験検証やドッキリなど幅広く投稿!動画開始から丸6年間毎日投稿し続けました。(2020年12月31日で毎日投稿終了)

 

サブチャンネル「水溜りボンドの日常」

2016年2月26日にはサブチャンネルの投稿を開始。

もともとは「水溜りボンド2(サブ)」というチャンネル名を、2018年4月に登録者が100万人を突破したことに伴い「水溜りボンドの日常」に変更しました。

主にメインチャンネルの撮影の裏側、料理、2人が話しているトークなどをアップロードしていて、メインチャンネルの企画動画よりもありのままの水溜りボンドを見ることが出来るととても人気があります。

実はメインチャンネルと同様、このサブチャンネルも毎日投稿をしていました。(2020年12月31日で毎日投稿終了)同じクオリティの動画を1日2本上げ続けるのは普通では出来ないですよね。

 

伝説のYouTuberラファオワチャンネルって!?

マスクをして顔を隠した正体不明な2人組YouTuber「ラファオワチャンネル」を知っていますか?

・・・って、結論を言ってしまうとこれは水溜りボンドなんですよね(笑)

実は水溜りボンドが2017年に作った「水溜りボンドが隠れてYouTuberしてたら何日で正体バレる?」という企画の為のチャンネルなんです!

2018年中に登録者100万人突破しなければチャンネルを削除する。と掲げ活動を開始。

「水溜りボンドに迷惑行為してみた」という動画では、急上昇ランキング1位にもなり、チャンネル登録者数も一日何万人ペースで増えていきます!が!

結局2018年12月31日までに100万人は突破できず、2019年1月1日にラファオワチャンネルは削除されてしまいました。

しかも、カンタがちょうど撮影で1月1日はブラジルにいて、時差のためチャンネル削除が少し遅れたのも良い思い出(笑)

今はもうチャンネルが存在せず見れないから‘伝説’なんですね!

ラファオワチャンネルでは、クリーンな動画で有名な水溜りボンドとは違い少々乱暴な言葉遣いだったりイケイケな感じのチャンネルになっています。

編集も遊び心があり、カンタが楽しそうに編集しているんだなということが伝わる動画でした。

※水溜りボンドはラファオワチャンネルは自分たちだと言っていないので、ここまでの話はあくまでも想像です(笑)ちなみに、ラファオワチャンネルの尊敬している人は「水溜りボンド」・・・!

 

水溜りボンド 2人の出会いは?いつからYouTube活動しているの?

2013年4月に青山学院大学に入学したカンタとトミー。2人が知り合ったのは大学のお笑いサークルです。(※トミーは1年の浪人を経て大学に入学したため、カンタと学年は同じ。)

トミーはダウンタウンが好きでお笑いにハマったことがきっかけでサークルに入り、カンタは中学高校からの同級生に「お笑いサークル入ろう」と誘われたことがきっかけだったそうです。

カンタは色々なことをやってみようと他のサークル含め5つくらい入っていて、お笑いサークルもそのうちの一つだったのが始まりでした。

サークルの同期だった2人は元々一緒に遊びに行く仲ではありながらも、別に相方がいたそうです。

ですが先輩のライヴでMCをやるという日にちょうどトミーの相方が帰省中だったため、カンタと代わりに漫才をやった流れのまま、トミーとカンタで「水溜りボンド」という漫才コンビを結成!

結成日は大学1年の冬2014年1月1日くらい。いつの間にか結成していたため、定かではないそうです。

「水溜りボンド」の由来は2人で出し合った単語を組み合わせた名前。

コンビ名が必要になったものの2人ともコンビ名を決めるのが恥ずかしかった為、1人1単語ずつ出し合い16時ピッタリに送り合おうと決め、トミーが送ったのが「水溜り」カンタが送ったのが「ボンド」から来ています。

ちなみによく「水溜まり」と間違われることがありますが、正しくは「水溜り」です^^

2人は大学の学園祭や新宿のライブハウスで活動をしていて、キングオブコント2014にて準々決勝へ進出したという過去もあります。

そんな中カンタが大学のゼミで編集の勉強をしていた時、先生が「これからはネットの時代がくる」と言っていたことが印象強く頭に残っていたそうです。

お笑いをやっていたことと映像を勉強していたことが合わさって“イマっぽいんじゃないかな”と思ったのがYouTubeをやろうと思ったきっかけ。

カンタに提案を受けたトミーも、ネットであれば時間も決まっていないし交通の便も考えなくてよく、自分が見やすい環境で自分が一番最前列でソファに座って見ることができる、と前向き。

そしてキャパが無限大であることはとてもいい環境だと考えて、結果2人でYouTubeの投稿を始めました。

YouTubeを始めたきっかけのもう一つとして、いつも2人は会って1回ネタの練習した後はベラベラと関係ない話をしていた為「会話してる自然な感じを、そのまま出したほうがいいんじゃないか」という話になったそうです。

 

YouTuberデビューそして毎日投稿開始!UUUMへ所属も!

2014年10月6日に「水溜りボンド」のチャンネルを開設、2015年1月1日にYouTubeへの投稿を始めました。事前に7本くらい先に撮っておいて投稿を始めたようです。

最初は友達も面白がって見てくれたこともあって再生数は100回ほどまでいったものの、どんどん見る人も減ってきたため、大学のパソコンを使って自分たちで再生していたんだとか(笑)

水溜りボンドといえば、チャンネル開設をしてから一日も休まずにしていた毎日投稿!(2020年12月31日に毎日投稿終了)

記念すべき1本目の動画はこちらです!!このときからカンタの諦めない姿勢と、2人の今も変わらない姿がとても微笑ましいですね^^

リメイク版として再度挑戦もしています。

YouTubeを始めた頃は友達に遊びに誘われても「まだ今日の動画を撮ってない」という理由で断ることもあり、「100回再生位の動画チャンネルなのになんでそこまで?」と理解されない部分もあったそうです。

それでも2人が毎日動画投稿を続けたのは“恥ずかしさ”があったから。

まだYouTube世代ではなかったのにも関わらず、ネットで自分たちの顔をさらして動画を投稿していた2人。

周りはどう思っているのか気になり大学の教室に行くのも恥ずかしかったこともあり、わざわざ自分たちで毎日投稿をすると宣言しといて結果を出さないわけにはいかなかったということ。

最初に「やる」と言った時から、絶対に続けるという覚悟があったそうです。いや~カッコイイ!

水溜りボンドはUUUMが提供するマネージメントサポートを受けることが出来る「UUUMネットワーク」の一期生です。

1本目の動画ではすでにUUUMネットワークに合格していて、UUUMネットワークのクリエイター1000人の中で面白かった動画のMVPに入選をしたりも!

ある程度チャンネル登録者が増えていたので、UUUMに誘われると思っていたものの全然誘われず・・・。

大学3年生の2015年11月1日、サークルを引退した日に正式にUUUMに所属することになりました。

 

水溜りハウスで共同生活を開始!後輩サポートメンバー加入も!

2016年3月にカンタとトミーが同居を開始したことから、「水溜りハウス」の歴史はスタートしました。

こちらが記念すべき初の水溜りハウス(撮影部屋&シェアハウス)です!初っ端から宅配ピザを3社注文し、玄関パニックを起こそうと企む2人(笑)

その1年後の2017年1月には、なんと一軒家に引っ越し!

最初に住むことになった時のメンバーはおなじみのPさん、まんずに加えて牧野、佐々木、ひっしー、サブ、まんすー、水溜りボンドの2人の合計9人です。

YouTubeで使う道具等もあり、小さな家では住めなくなった為一軒家の引っ越したそう。一緒に住んでるとドッキリもかけやすく、日常の自分たちも撮影しやすいとも言ってましたね^^

そのまた1年後の2018年1月には、もっと面白い家に住もうと引っ越します。

ここでは、おなじみPさん、まんず、そしてキイチが一緒に住むことになります。この家での水溜りボンドと後輩3人の団欒が大好きな人も多いのではないでしょうか?

他の後輩メンバーは就職や一般人であることから一緒には住まないのでは?などと言われていたり、後輩本人がネタか本気か分からない水溜りボンドとの関係性を疑うようなことをあげていたりしますので、真相はわかりません。。。

 

水溜りボンド チャンネルではどんな動画を投稿しているの?

毎日投稿が終了した2020年12月31日時点での動画本数は、なんと2,241本!!!凄すぎます。

そんな数々の動画をアップしている水溜りボンド。ざっくりではありますが、どんな動画を投稿しているのかご紹介していきますね。

 

気になるけどやらないことをやってみる系

水溜りボンドといえば、皆なんとなーく気になるけどやらないことや、気にはなるけど金銭面や場所の関係でできない、でも見てみたいというようなことを検証する動画をよくあげています。

ご飯に一番合うお菓子は何か?と気になっても私たちが買って調べられるのって数種類ですが、水溜りボンドは100種類ものお菓子で検証してくれたり。

視聴者の代わりに気になることを実際に調べてくれます♪

 

【仕掛け人・カンタver】斬新に失敗ドッキリ

水溜りボンドといえば、カンタとトミーで全くタイプの違うドッキリが名物です!!!!

カンタは、持ち前の発想力で面白いドッキリを思いつき、編集力の高さで手の込んだドッキリを準備し、雑にドッキリ本番を行うことで有名。

普通はドッキリを行うことがゴールなのに、完璧に準備したところでパワーを使いきり、トミーが引っかかるかからないは関係なくいつもなんとなく失敗しているようなイメージです(笑)

 

【仕掛け人・トミーver】念密な計算で成功ドッキリ

トミーのドッキリは成功する確率がかなり高く、カンタのリアクションが最大限に楽しめるように計算。

カンタを引っ掛けることを目的としていて、そのために様々な業者ともやり取りをして念密に準備が進められていきます。

カンタのピュアな良い面や、普段あまり口で何かを伝えることのない心の中の声が引き出されるような、暖かいドッキリがメインとなっていて、定期的に行われる解散ドッキリは人気がありますね♪

 

(トミーだけの)早食い!大食い!

2人は新商品や話題の食べ物を見つけるとそれを動画にアップしてくれます。それとともに見どころなのが、ただ食べるだけでなくトミーの大食い&早食いです。

ガリガリ君なんて、2秒台で食べているから驚きです・・・!本人曰く、歯は使わず飲み込むのがポイントだそう。

ちなみにいつもカンタは意気込みはすごいもののいつも失敗しています(笑)




チャンネル登録者数400万人突破。水溜りハウス解散。毎日投稿終了。新たなスタート!

2019年7月11日にはメインチャンネル登録者数が400万人を突破!そして2020年、ついにみんながバラバラで住むことに・・・!

まんずは春から就職、キイチは演技の学校に通い、PさんはYouTuberになることになりました。

そのタイミングで水溜りボンドの2人も、どこかで区切りが必要で、2人で楽しくやりたいのに気を遣う部分もあって、ただの仕事仲間になりたくないと別々に住むことになります。

(その後、カンタは家が決まらずしばらくトミーの家に居候することに笑。)

今でも後輩たちと住んでいた水溜りハウスを惜しむファンはとっても多いですが・・・2人の決断は応援したいですね。

そして2020年12月31日、水溜りボンドの毎日投稿が終了しました。

2015年1月1日から丸6年間毎日投稿続けたメインチャンネル「水溜りボンド」、そしていつの間にか毎日投稿になっていた(笑)サブチャンネルの「水溜りボンドの日常」。

メインチャンネルは6年間も毎日投稿を続けていたなんて、本当に尊敬しかないです。そしてメインだけでも大変なのにサブチャンネルまで毎日投稿を続けるとは・・・!

本当にお疲れ様でした!!!今後もまた楽しい動画を待っています!!




まとめ

細かい部分はまとめきれてませんが、こうして振り返ると本当に色々あり、あっという間に感じます。

そして丸6年間毎日投稿を続けた水溜りボンド。人気なのは2人の努力の賜物ですね。

水溜りボンド歴史まとめ

2013年4月:青山学院大学のお笑いサークルで知り合う
2014年1月1日(くらい):水溜りボンド結成
2014年10月6日:メインチャンネル「水溜りボンド」チャンネルを開設
2015年1月1日:メインチャンネル動画投稿開始(UUUMネットワーク1期生)
2015年11月1日:UUUMに所属
2016年2月26日:サブチャンネル「水溜りボンド2(サブ)」を開設&投稿を開始
2016年3月:トミー&カンタが同居開始「水溜りハウス①」
2017年1月:お引越し水溜りボンド&後輩メンバーと同居開始「水溜りハウス②」
2018年1月:お引越し水溜りボンド&後輩メンバーと同居開始「水溜りハウス③」
2018年4月:サブチャンネル登録者数100万人突破し「水溜りボンドの日常」に変更
2019年7月11日:メインチャンネル登録者数400万人突破
2020年1月:水溜りハウス解散(同居生活終了)
2020年12月31日:毎日投稿終了

今水溜りボンドのチャンネルは伸び悩み、否定的な意見もあります。

ただ本人も毎日投稿をやめる時は動画のクオリティに満足できなくなった時だと言っており、周りに言われなくても想いや考えがあったのだと思います。

2人なら逆境に打ち勝ってくれますよね♡これからもいちファンとして応援していきたいです!

 

あわせて読みたい

水溜りボンド!面白すぎるオススメ動画10選~毎日動画から厳選!~

2014年10月6日からYouTubeを開始、現在チャンネル登録者数425万人の水溜りボンド!! 水溜りボンドはYouTube界のN〇Kと言われているほど安心して見れる動画を投稿しています(笑) 二人 ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yunyun

趣味は海外旅行♪韓国留学も経験し、今まで40カ国位訪れました。sephoraにいる時間が大好き!暇な時にすることはyoutube。ずーと動画を見ています。

-エンタメ
-,

© 2021 インターメディアラボ Powered by AFFINGER5