インフルエンサーとファンを繋げるメディアサイト

インターメディアラボ

インターメディアラボについて

○○の主役は我々だメンバーまとめ!チャンネルの歴史からプロフィールまで紹介

-エンタメ -,

有名な実況者グループ「○○の主役は我々だ!」。

ゲーム実況動画を好んで見ている人なら、知らない人はいないと言っても過言ではないほどですね。

最近ゲーム実況というジャンルを知った方は、まだまだ彼らのことをご存知ないのではないでしょうか。

今回は彼らの活動や、メンバーについてご紹介したいと思います。

 


「○○の主役は我々だ!」はどんなチャンネル?活動内容や歴史について!

YouTubeでは、「主役は我々だ!」というチャンネルで活動している彼らは、実は元々はニコニコ動画で活動していたグループです。

YouTubeチャンネルの開設は2011年7月23日と、有名な割には活動歴が短く、さらには2020年時点でのファンアートで「10周年記念」等のタグが付いていたこともあり、YouTubeチャンネルのみを知っているファンは大変混乱したのではないでしょうか。

彼らの活動の始まりは、ニコニコ動画にて投稿された、【HOI2】同士スターリンの笑ってはいけない世界革命日誌Part1(2010年10月23日公開)という動画に○○の主役は我々だ!というタグがついているところから。

この動画では、HOI2と呼ばれる戦略ゲームをプレイしている様子を、字幕と実際の画像で実況動画として作りあげられています。

動画に出演しているのは「総統」と呼ばれるメンバー、グルッペン・フューラーさんと、ファンから「JK」と言われている♂マン(オスマン)さん。

実は、この動画以前にもグルッペン・フューラーさんのアカウントから、HOI2支援動画という名目で、同じ題名の動画がアップされているのですが、こちらはグルッペン・フューラーさんお一人でゲームを進めるつもりでいたそうです。

しかし、友人である♂マンさんがアップロードされた動画を見つけ、面白そうだからと二人でゲームをプレイすることをグルッペン・フューラーさんに提案したことで、多人数実況を開始する足掛けとなりました。

 

ゲーム実況動画の歴史

○○の主役は我々だ!を最初から応援しているファンの間では、彼らの動画を大きく「ゆっくり、無声実況」「肉声実況」の2種類に分けて捉える考え方を持っている人も一定数います。

「ゆっくり、無声実況」とは、初期にグルッペン・フューラーさんのアカウントからアップロードされている、字幕動画やゆっくりと呼ばれる読み上げソフトによる実況動画を指します。

「肉声実況」とは、その後グルッペン・フューラーさんの「ゆっくり音声の打ち込み作業をしないことによる、動画作成の効率化」を目的として導入された、メンバーの肉声による実況動画を指します。

今や当たり前になっている肉声実況動画ですが、肉声動画が投稿されたときにはファンの間で一時話題となりました。

ちなみに、肉声実況動画以前に、「アンケートで肉声インタビューをしてほしいメンバーを決定し、動画の最後にインタビュー音声を流す」という企画にて、一足先に♂マンさんがインタビューを受けています。

 

我々だ!メンバーは知識豊富!

我々だ!メンバーは他の実況者の人からも「頭が良い」と言われるほど、歴史や地理についての知識が豊富です。

メンバーによって得意なジャンルは違うものの、時事ネタから世界史、日本史、哲学、文学、語学まで、勉強と言われるものをほとんど対応できるのでは!?と思わせる知識量。

最近ではメンバーの知識を利用して、環境問題や世界通貨の話を取り上げた動画等も投稿。活動の幅がゲーム実況に留まらなくなってきています。

 

○○の主役は我々だ!メンバープロフィール紹介(誕生日や年齢は?)

○○の主役は我々だ!というグループの最大の特徴はそのメンバーの多さです。

現在、主に動画に出演しているメンバーだけでも8人。その他の活動も合わせると、総勢12人のメンバーが活動しています。

※その他の活動:メルマガやマガジンといわれる、コミックマーケットにて販売されている同人誌の執筆、RPGツクールというシステムを利用したゲームの作成、漫画「異世界の主役は我々だ!」「魔界の主役は我々だ!」の監修等など。

また、リーダーを務めるグルッペン・フューラーさんによると、グループというよりも「組織」という概念で活動をしているとのこと。

「メンバーが趣味で活動できて、私生活が忙しい等のタイミングでは好きに活動を辞められる。視聴者も、我々だのメンバーとして、様々なファン活動を行えるような組織でありたい。視聴者のファンアートやコメントも組織の活動」

と、我々だ!マガジン内のインタビュー記事にて答えている、グルッペン・フューラーさんの言葉の通りの組織となっているように感じます。

ちなみに年齢は全員が非公開。一部のメンバーが誕生日を公表していますが、生まれた年までは明かされていません。

 

グルッペン・フューラー

  • 名前:グルッペン・フューラー
  • 誕生日:非公開
  • 年齢:非公開
  • メンバーカラー(字幕色):黒・灰色
  • Twitter:グルッペン(@sovietunion1945)

ファンからは「総統」と呼ばれる、実質リーダーのような働きをしているメンバーです。

他メンバーからも生放送等でリーダーとして紹介されるものの、自称することはありません。

昨年からは動画への出演も減り、現在は「異世界の主役は我々だ!」の漫画の監修、ゲームの作成、我々だ!マガジンの執筆を主に行っています。

実家が貧乏だった話を昔の生放送でしていたり、Twitterで幼児に防犯ベルを鳴らされたことを呟いていたりと、その低音ボイスからは想像できないお茶目さがチャームポイントです。

 

トントン

メンバー唯一キャラクターを豚にしています。

モノマネや即興の演技が上手く、メンバーから無茶ぶりされていることもしばしば。

メンバー内で珍しい理系でもあり、過去には生放送で物理の話題をしていたこともあったそうです。

また、グルッペン・フューラーさんから「メンバー唯一の良心」と言われるように、毒舌ながらも他のメンバーを助けたり、撮影環境を提供したりと優しい一面も見られます。




鬱先生

女性関係にだらしないキャラクターで親しまれている鬱先生は、当初は先生と呼ばれるのを嫌がっていたというエピソードがあります。

グルッペン・フューラーさんがごり押しで先生と呼び続けたことで、鬱先生の名前が定着したそう。

語学と哲学に長けており、過去には生放送にて「受験応援生放送」と称して英語の文法についてリスナーに教えていたり、他メンバーから「哲学の話でグルッペンと語り合えるのは鬱先生しかいない」と言われるほど。

動画内ではそのキャラクターを生かして、女性NPCを口説こうとしたり他メンバーに女性の口説き方を教えている一面が見られます。

また、動画「科学は全てを解決する」シリーズにて実写出演している唯一のメンバーです。

 

コネシマ

甲高い引き笑いが特徴的なメンバー、コネシマのファンからのあだ名は「狂犬チワワ」。

「コネる」とメンバー間で言われる即興で作られる言い訳や、動画化できないアウトなネタをぶっこむ彼は、実は日本史と文学に長けています。

複数メンバーによる生放送の際に、彼が語る実際の日本史と文学の日本史の違いについての話題に誰もついていけなかったことも。

また、重度のスターウォーズファンで、彼にスターウォーズを語らせたら止まりません。

動画内では自分が有利になるためには、味方でも容赦なく切り捨てる様子から「心無いシマ」と呼ばれていたことも。




シャオロン

天才MCと言われ、数々の生放送でMCを務めてきたメンバーです。

動画ではコネシマと良く言い争っているため、ファンからは「狂犬ポメラニアン」と呼ばれることも。

彼はマインクラフト内における攻撃性の高さが評価されており、動画「攻城戦シリーズ」では彼の活躍を存分に味わうことができます。

他実況者とのコラボでも忖度なく接する姿に、ファンからは「陽キャ」「いい子」などと言われています。

 

ゾム

クリーパーパーカーを深く被ったキャラクターのゾムさんは、ゲーム内における圧倒的な戦闘能力の高さが特徴的です。

あまりにも戦闘能力が高いため、ゾムvs他メンバーという動画企画がされるほど(動画「ゾムーク」シリーズ)。

それでもいい勝負をしていたのですから、他メンバーがゲーム内でゾムさんを見かけた際に悲鳴を上げるのも無理はありません。

生放送では、メンバーと会うのが楽しいという話や、一人で出かけるのはつまらない等の話をしており、ファンからは度々「ゾムは組織の中で一番メンバーのことが好きなのでは」と話題になっています。




エーミール

  • 名前:エーミール
  • 誕生日:非公開
  • 年齢:非公開
  • メンバーカラー(字幕色):茶色
  • Twitter:なし

七三分けの、茶色のベストを着たキャラクターの彼は元々、「教授」というキャラクターで我々だの動画に登場しました。

教授が生徒に歴史について教えるというコンセプトのゆっくり音声の動画にて初登場した彼は、メンバーきっての知識量を誇ります。

生放送では他メンバーに歴史や地理等の講義を行ったり、時事問題について解説したりと、ゲーム実況者とは思えない活動内容です。

実際、「ゲームは実は苦手」と生放送で語っており、ゲームよりも動画「大喜利」シリーズでの回答や、動画「議論」シリーズでのまとめ役としての立ち回りの方が活躍しています。

 

ショッピ

紫のヘルメットを被ったキャラクターの彼は、コネシマさんの後輩として参加しています。

彼のゲーム内のIDには必ずタバコの銘柄とそのタール数が使われており、名前の由来もショートピースを愛用しているから、という重度の愛煙家です。

後輩ということもあってか、他メンバーよりもどこか若さを感じるリアクションでファンを楽しませています。

また、大喜利動画にてロリコンキャラを確立し、後述のチーノさんと共に「鬱軍団」を名乗っています。

動画ではTRPGのキーパーとして活躍しており、メンバーからの無茶ぶりも冷静に対処する姿は後輩とは思えません。




チーノ

  • 名前:チーノ
  • 誕生日:非公開
  • 年齢:非公開
  • メンバーカラー(字幕色):オレンジ
  • Twitter:ちーの(@C1no_wrwrd)

ぐるぐる眼鏡に天然パーマの髪型という特徴的なキャラクターの彼は、現在一番最後に加入したメンバーです。

熟女好きというキャラを確立し、ショッピさんと共に「鬱軍団」を名乗っています。

また、新参者ということもあってか、いろんなメンバーに「兄さん」と言って話しかける姿やお調子者な立ち回りから、他メンバーに劣らない濃いキャラクターとなっています。

コネシマさんが動画内で暴露していますが、過去に麦茶と言いながらコネシマさんに麺つゆを渡したエピソードもあり、なかなか初登場時からファンに強烈な印象を与えました。

 

ロボロ

「天」の文字が書かれた布で顔を隠したキャラクターの彼は、初登場時には「天の声」と名乗っており、動画には参加せずにナレーションを担当していました。

グルッペン・フューラーさんにその良い声を買われてナレーションに抜擢されたのですが、自分も参加したいと動画「マイクラ主役」シリーズにて初参戦。

鬱先生さんとコネシマさんが生放送でロボロさんについて語っていた際には、「顔はかっこいい」「外国人っぽいイケメン」「身長は低い」「(身長が)125センチ」等と話していたことから、ファンやメンバーの間では「1ロボロ=125センチ」という新たな数値が認識されています。

最近は筋トレにはまっているそうで、TRPG等ではすぐにプロテインを他メンバーに勧めるムーブを見せています。




♂マン(オスマン)

  • 名前:♂♀(オスマン)
  • 誕生日:10月29日
  • 年齢:非公開
  • メンバーカラー(字幕色):深緑
  • Twitter:オスマン(@OSSUOSSUMAN)

彼は、○○の主役は我々だ!結成のきっかけを作った人物ですが、現在はブロマガの執筆とTwitter、我々だ!マガジンの執筆に活動を縮小しています。

たまに個人のアカウントで生放送をしており、最近みた映画の感想・考察を語ったり、最近♂マンさんが考えていることを話しています。

Twitterでは最近はダイエットをしているようで、体重の数字だけをツイートしています。

グルッペン・フューラーさんは彼を、「異世界の主役は我々だ!」の中で教祖としており、本人は「JK」を自称しているという、なんとも不思議なキャラクターとなっています。

 

しんぺい神

  • 名前:しんぺい神
  • 誕生日:非公開
  • 年齢:非公開
  • メンバーカラー(字幕色):薄い水色
  • Twitter:なし

キャラクターは作られていませんが、ファンアートではビールを片手に持った姿で描かれることが多いです。

それもそのはず、彼は動画に出演することはめったになく、主に深夜の生放送に他メンバーに誘われる形で参加するのですが、必ずビールを持参し、飲みながら参加するのです。

「神のように広い心の持ち主」と他メンバーから言われるように、放送内でもメンバーのエピソードでも怒っていることがない、彼のゆるゆるとした語り口調に癒されているファンも多いです。

 

現在活動していないメンバー(ひとらんらん/兄さん/ひょーさん)

以上に紹介しているメンバーの他に、「ひとらんらん(Twitter:ひとらんらん(@gedorunrun))」「兄さん(Twitter:兄さん(@nisan_gisukura))」という現在全く活動していないメンバーもいます。

そして「ひょーさん」という協力者もおりますが、公的に脱退となっているメンバーは一人もいません。

ですので、現在活動していないメンバーでも戻ってくることがあるかもしれませんね。

 

○○の主役は我々だ!今後のさらなる活躍に期待

○○の主役は我々だ!は、以前はどの実況者ともコラボせず、イベントの出演も断っていたため「鎖国国家」と言われていました。

しかしYouTubeにチャンネルを作ってからは、他実況者さんとのコラボも多くなったように感じます。

この記事が、コラボ等で○○の主役は我々だ!を知った方の、メンバーやグループの歩みを知るきっかけになればと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sha-ro

元看護師で、現在は経理業務をしています。趣味はアクセサリー作りやハーバリウム作り。 猫ちゃんと彼と同居して、忙しくも楽しい毎日を過ごしています。 解りやすい記事を書けたらいいなと日々努力中。

-エンタメ
-,

© 2021 インターメディアラボ Powered by AFFINGER5