インフルエンサーとファンを繋げるメディアサイト

インターメディアラボ

インターメディアラボについて

汚部屋住民から華麗に転身!40代ミニマリストエリサ(YouTuber)の生活術とは?

-ライフスタイル -,

2020年8月28日

40代の女性ミニマリスト、一体どんな生活をしているのでしょう。

洋服を減らしたい、モノを減らしてミニマリストの暮らしに憧れる女性は多いはず。

アラフォーのミニマリストとして活躍している、YouTuber魔法使いのエリサさんも、汚部屋を経てミニマリストの考え方に辿り着いたひとりです。

エリサさんがどのようにモノを減らして、ミニマリストになったのか、見ていきましょう。

 



「魔法使いの暮らし方 / エリサ」ってどんなチャンネル?

魔法使いの暮らし方 / エリサさんはミニマリスト歴7年のアラフォーのミニマリスト。

アラフォーや40代の女性で、着る洋服に困ったり似合う洋服が分からない方には、エリサさんの少ない服を着回す方法や私服の制服化、定番化をお勧めします。

服を減らし食器やその他のモノを減らすことで、時間が生まれ、着る服に困ることがなくなります。

年齢にかかわらず、荷物が多くて片付けられない人や、ミニマリストの暮らしに憧れる方にもぜひ見ていただきたい、今日からできる暮らしのヒントが詰まっています。

 

ミニマリスト エリサのプロフィール&経歴紹介

  • 本名:佐々木絵里沙
  • 活動名:エリサ
  • 年齢:1978年生まれ
  • 家族:手の離れた3人の子供と孫1人
  • 職業:ミニマリストYouTuber、バルーンアーティスト、風船の魔法使い株式会社取締役、著者

2014年の5月に約1ヶ月のセブ島語学留学を経験されたエリサさん。

必要なモノを機内持ち込み用のスーツケースに詰めて、1ヶ月間暮らしてみたら、何も不便を感じなかったことから、本格的にモノを減らし始めました。

この経験からミニマリストの考え方を知り、モノを減らして現在「ミニマリスト」としてYouTubeを中心に情報を発信しています。

2016年2月26日には初の著書『トランクひとつのモノで暮らす』を出版。

こちらはただ読んで考え方に触れるだけでなく、モノを減らすための10の質問などのワークが盛り込まれています。

本を読んで考え方を学び、ワークを通して、自分から行動できる構成になっています。

 
2016年11月18日には続けて2冊目の『モノを減らすと幸せがやってきた』を出版されています。

 

これまでの生い立ちや経歴

過去のインタビューで小中と不登校で、高校に入学して自分で自分を変えることができ、理想の自分になれたと語っていたエリサさん。

20代からの10年間で様々な仕事を経験し、どん底期にバルーンアートと出会いました。

バルーンアートは人を幸せにする魔法使いのような仕事と言われたことから、魔法使いのエリサと名乗るようになり、なんと「風船の魔法使い株式会社」を立ち上げています。

私生活では結婚と離婚の経験があり、3人の手の離れたお子さんとお孫さんがいます。

若くてきれいなお母さん、そしておばあちゃんなのです。

 

Kさんとの同居~現在は一人暮らし

エリサさんは現在一人暮らしです。

以前はKさんと言う戦友のような家族のような、工房の共同経営者の方と4LDKの一軒家でルームシェアをされていました。

ルームシェアのきっかけは、Kさんの部屋と会社用、そして工房に1部屋ずつ使っていて、1部屋空いていたからです。

そして、エリサさんがミニマリストになり、ものが減ったことで4LDKから2LDKに引っ越し、2019年11月に別々の場所に引っ越されました。

Kさんはルームシェアについて、動画に声の出演をされています。

 
いつも明るく、笑顔で、読者の質問や悩みにも的確にアドバイスをされるエリサさん。

動画を見てで癒されたり、励まされたりすり方も多いと思います。

きっとこれまでの人生で様々な経験をされて、辛いことも自分の力で乗り越えて、バルーンアートでたくさんの人を笑顔にしてきたからではないでしょうか。

 

ミニマリスト エリサに学ぶ生活術!

エリサさんの動画の魅力はアラフォー世代のお悩み解決。

40代の女性の悩みに寄り添って、自身の経験を元に動画を配信されています。

お肌の悩みから、ファッション、家事やお片付けまで、あなたのお悩み解決のヒントがきっと見つかるはずです。

ミニマリストに憧れる方や、着る服がないと困っている方にも私服の制服化やモノの捨て方など、ミニマリストの基本が詳しく解説されています。

私も参考にしていますが、ミニマリストな生活に憧れる全ての女性におすすめのチャンネルです。

 

モノを減らしたいなら、まずやってみたいこと

【ミニマリスト】モノを減らすための10の質問

エリサさんの著書『トランクひとつのモノで暮らす』を朗読するシリーズ。

4年前の出版時と現在で変わった点やアップデートした考え方を紹介しています。

心地よい暮らしをする上で「今の自分にとってそれが心地よいか」をいつも基準にしています。

4年前は心地よかったことも、今は違うなら、今の心地よいに合わせて暮らし方を変えていく。

中にはグサッとくるような質問もありましたが、モノを減らしてすっきりと暮らしたい方には、ぜひ自分に質問していただきたい動画です。

 

家事の常識を疑ってみる

ミニマリストの私がやめた家事10選

日頃から何気なくやっている家事。

ちょっとしんどいな、面倒だなと感じているなら、ぜひこの動画をお勧めします。

今までやらないといけないと思い込んでいた家事は、実はやらなくてもいいかもしれません。

この動画では、実際にエリサさんがやめた家事について紹介しています。

トイレ掃除はブラシなしでもできるんです。私もトイレのブラシを処分して、洗剤だけでできたら楽だなと思うので、早速取り入れてみたいと思います。

これで日々の家事がもっと楽しく、楽になるはずです。

 

理想のワードローブ作り

【ミニマリスト】私服の制服化、定番化

エリサさんの著書『トランクひとつのモノで暮らす』の朗読シリーズから、私服の制服化・定番化について。

エリサさんはミニマリストになって服を減らしてから、私服の定番化を実践しています。

同じ組み合わせだけを着るのではなく、自分の定番を持っていると、迷った時には定番に戻れば安心できるからです。

定番もずっと同じではなく、アップデートが必要です。

特にアラフォーやそれ以上の年代になると、肌の感じによって、同じ色でも似合わなくなることがあるからです。

こうしたエリサさんの実体験からの細かいアドバイスが、アラフォー世代の女性の心を掴む理由ではないでしょうか。

 

疲れたらまずはこれ

コロナ疲れを解消した3つの方法

2020年3月から2ヶ月ほど更新をお休みされていたエリサさん。コロナのせいで少し気分が落ち込んでしまったそうです。

そんな状況を自らの力で乗り越えた方法を、3つ紹介してくれています。

今でもそういった辛い状況にいる方もいらっしゃるかもしれません。そんな方にはぜひ見てほしい動画です。

辛い時期を乗り越えたエリサさんだからできるアドバイスは、心が暖かくなります。

コメントを通して、多くの方と交流され、丁寧に返信されているエリサさんの暖かい人柄にますます惹かれました。

 

まとめ

アラフォーミニマリストのエリサさんは、様々な経験をされ、辛いことも自力で乗り越えてきた人。

だからこそ読者さんのお悩みや相談に優しく寄り添って、お悩み解決のヒントを動画にしています。

ミニマリストに憧れている方や、ものが捨てられない方は、一度エリサさんの動画を見て、自分の中にあるこうしなきゃを見直してみませんか。

それがミニマリストへの初の1歩につながるかもしれません。

 

オススメ記事


モノトーンインテリア&雑貨を極めたいなら!チェックすべきアカウント7選

可愛さに溢れるものや色とりどりで異国風の素敵なインテリアや雑貨も、今はインターネットなどで簡単に手に入る時代になっています。 そんな中、ハマる人が続出しているのが「モノトーン」。インテリアや雑貨をモノ ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マイスタイル

マイスタイル

フィリピンのマニラで現地採用として働いています。英語の勉強のために見始めたYoutubeにはまり、国内、海外問わず動画を見ています。旅行、ライフスタイル、料理、DIYが気になります。

-ライフスタイル
-,

© 2020 インターメディアラボ Powered by AFFINGER5